名前やロゴに込めた想い。

名前に込めた想い

「Blind」には「目の不自由な、気づかない、目的のない、見通しがつかない」などの意味があります。先行きの見えない現代社会で「自立して生きて働いていくこと」はとても大変なことです。

そんな状態が、ブラインドが閉じていて真っ暗な部屋を連想させます。

しかし、朝になってブラインドに手をかけ上げると光が差し込む。そこから見えるものは、今まで見えなかった、広くて温かい世界です。

私たちは、「ブラインド」を「上げる」勇気と、そこから見える世界へ再挑戦できる「伴走者」でありたい。

このような想いから「Blind Up.」と名付けました。


その結果、「何度でも社会へ再挑戦できる事」が当たり前の様にできる世の中になればと切に願っています。

ロゴマークに込めた思い

差し込み光には2種類あります。濃紺と黄色の2色。

人が自分自身に対して感じるコンプレックスや嫌いな所を「闇(=濃紺)」に。逆に自分自身と素敵な部分を「光(=黄色)」に。

人はどこか二面性を持って生きているのではないかと思います。それで2種類の光をロゴにしてもらいました。

しかし、その二面性を否定するのではなく、自分自身が好きになって肯定していってほしい。その願いを込めたロゴになっています。

一人ひとりが自分自身の二面性を受け入れられるようになれば、社会も未来も少しでも良くなるのではないでしょうか。

デザロゴイン | モリクロヒロキ

Blind Up.は関わりたい方をお待ちしています

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。

今回の記事も含めて、Blind Up.は働き方で悩んできた「当事者」達によって運営されています。

自らの働き方を模索しながら、ライター・カメラマン等の「実践者」として関わってくれています。

もし、当メディアの運営に興味がある方は、以下の「関わり方」ページをご参照ください。

関わり方ページへ